霧氷 睡蓮 菩薩。 童磨(どうま)の技、恐るべき血鬼術を画像付で解説!

【鬼滅の刃】162話ネタバレ確定感想&考察、3人の刃が届く![→163話]

菩薩 霧氷 睡蓮

しのぶが死に際に指文字で「粉凍り」のことを伝えたことで初見殺しを回避し、純粋な剣の腕前ではしのぶ以上ともなっていたカナヲは童磨に善戦してみせるも、やはり上弦相手で1対1では分が悪く、カナヲの強みが「視力」であることを見切られ視力を狙い撃ちする「凍て曇」で隙を作ると、あっさりと刀を奪われてしまう。 童磨は、無限城にて「しのぶ・カナヲ・伊之助」との戦闘の末に死亡。

13

鬼滅の刃ネタバレ163話最新話考察!童磨過去編突入で女との因縁が判明!?

菩薩 霧氷 睡蓮

その上これほど厄介な技をノータイムで矢継ぎ早に繰り出してくる。 ・蔓蓮華(つるれんげ) 蓮葉氷からさらにツタを伸ばし広範囲に攻撃をする技。

9

【鬼滅の刃】162話ネタバレ確定感想&考察、3人の刃が届く![→163話]

菩薩 霧氷 睡蓮

[童磨の強さ・血気術] 【自らの血を凍らせる血気術】 童磨の血気術は、自身の血を凍らせ、それを攻撃へと転換する術。 その結果、梅は生きたまま縛られ焼かれるという凄惨な報復を受け、辛うじて息がある状態の時に兄に助けられ、その逃げた先で童磨の勧誘を受け鬼となった。

20

【鬼滅の刃】162話ネタバレ確定感想&考察、3人の刃が届く![→163話]

菩薩 霧氷 睡蓮

凍てつく空気を広範囲に充満させるが、しのぶの毒の影響で明らかに技の精度が落ちていることをカナヲが見抜く。 ・枯園垂り(かれそのしづり) 冷気を纏った鉄扇から繰り出す近距離の敵に対する技。 ・殺目篭(あやめかご) 相手を糸の檻に封じ込め、脱出不可能の状態でその檻を絞り上げトドメを刺す技。

10

【鬼滅の刃】童磨についてまとめてみた【上弦の弐の氷の血鬼術の使い手】|サブかる

菩薩 霧氷 睡蓮

この凍結によって相手は周囲が見えなくなってしまう様です。

3

童磨 (どうま)とは【ピクシブ百科事典】

菩薩 霧氷 睡蓮

5em 0 1em;overflow:hidden;opacity:0;transition:. 大仏の大きさと攻撃範囲の広さは驚愕するものであったものの、術者である童磨は毒によって疲弊しているため攻撃の精度が大幅に下がっています。 ・狂圧鳴波(きょうあつめいは) 『憎珀天』が使った破壊音波による攻撃。 しのぶ様が命をかけて童磨を倒そうとしていたように、カナヲも自分の視力を差し出しまで、童磨を倒すという同じ目的を達成しようとしていたのですね。

13