中国 が 無人 探査 機 着陸 を 目指し て いる の は。 中国の無人探査機が月の裏側に着陸 制天権の獲得目指す「宇宙強国」(木村正人)

中国政府 無人探査機が採取の月の岩石など カプセル帰還を発表

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

ハリセンボンの近藤春菜が「いつになるかはわからないけど、火星にお引越しという時代が来るということ」と言うと、キャスターの加藤浩次は「オレ、火星育ちだから、地球にくると重力が重い、なんていう人も出てくるわけね」と応じた。 中国国営の新華社(Xinhua)通信によると、嫦娥5号は同国南部・海南(Hainan)省の文昌発射場(Wenchang Space Center)から24日午前4時30分(日本時間同5時30分)にロケット「長征5号(Long March 5)」で打ち上げられた。

ただの着陸ではない ── 中国の「月の裏側」探査が世界を震撼させたワケ

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

計画は3つの段階に分けて進められ「第1段階」として、2007年と2010年に、それぞれ探査衛星を打ち上げて月の立体画像を撮影しました。 「嫦娥」の名は、中国神話の月の女神にちなんでいる。

6

中国が世界で初めて月の「裏側」に探査機を着陸できた理由 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

国家宇宙局は昨年1月の時点で、今回の嫦娥(じょうが)5号がサンプルリターンに成功したら、次は6号を月の南極に着陸させ、さらにサンプルを持ち帰る計画を明らかにしていた。

中国の月面探査機、着陸に成功 国営メディア報道

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

「はやぶさ2」の成功は祝賀すべきものである一方、嫦娥5号の成果とは一つのスケールで比較することは不可能であると伝えている。 専門家「軍事利用 警戒必要」 中国の安全保障政策に詳しい防衛研究所中国研究室の八塚正晃研究員は、中国の宇宙開発について「国家の威信と中国共産党による統治の正統性を示すねらいがある」と指摘しています。 国営中央テレビが伝えた。

18

月の土持ち帰った中国、めざす「宇宙強国」 有人計画も:朝日新聞デジタル

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

中国は「宇宙強国」の地位を確固たるものにしています。 戦略的能力は「核戦力の質的・量的向上や通常兵器による精密打撃能力、さらには宇宙、サイバー、電磁スペクトラムにおける作戦も含む」(防衛研究所ブリーフィング・メモ18年4月号「第2期習近平体制下における中国の国防政策の行方」)とみられています。

17

中国、無人月面探査機「嫦娥5号」打ち上げ 土壌サンプル回収目指す

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

中国は去年、地球との通信が難しいとされる月の裏側への探査機の着陸を世界で初めて成功させるなど、月の探査計画を宇宙開発の重要な柱としています。 映像前半は嫦娥5号の月面着陸を見守る関係者ら、国営中国中央テレビ(CCTV)が1日撮影・提供。 今回の計画では、ドリルやロボットアームを使い、月の表面や地中の岩石などおよそ2キロ分を採取することになっていて、カプセルはこのあと、航空機で北京の施設に運ばれ、確認作業が行われます。

15

中国の探査船が月から帰ろうとしたとき、日本の探査器は3億キロ先から戻ってきた (2020年12月8日)

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

他国や外国企業の人工衛星の打ち上げサービス分野に進出 1999年、有人宇宙飛行用の宇宙船「神舟1号」を打ち上げ 2001年、初の宇宙白書「中国的航天」を発表 2003年、宇宙船「神舟5号」(搭乗員1人)により世界で3番目の有人宇宙飛行に成功 2005年、「神舟6号」(搭乗員2人)による有人宇宙飛行 2006年、新しい白書「2006年中国的航天」。

13

嫦娥4号の月面着陸はウソ!?NASAの見解は―中国メディア

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

中国政府は2022年までの有人宇宙ステーション保有と将来的な有人月面探査を目指し、軍事宇宙プログラムに巨額の資金を注ぎ込んでいる。 着陸地点は、月の西経51. 中国は去年、地球との通信が難しいとされる月の裏側への探査機の着陸を世界で初めて成功させるなど、月の探査計画を宇宙開発の重要な柱としています。

14

中国の無人探査機が月の裏側に着陸 制天権の獲得目指す「宇宙強国」(木村正人)

探査 は を て 無人 目指し が の 着陸 機 いる 中国

今回の計画では、ドリルやロボットアームを使い、月の表面や地中の岩石などおよそ2キロ分を採取することになっていて、カプセルは北京の施設に運ばれ、確認作業が行われます。 アメリカはもちろん、中国も着陸にチャレンジしており、欧州勢も2年後を目指している」と話す。